Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/153-7933c35b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ディアドラエンプティ

今週の木曜日って、4/1ですよねー。
……いや、まあ言ってみただけですが。

で、本日は ふろーずんおーぶさん の
DIADRA ENPTY(ディアドラエンプティ)を。
知っている人には何を今更という所でしょうが、
自分的には冬コミで購入したものなのです。


2DSTG、どちらかというと横シューですが、
戦略性より弾幕重視。

…が、既存の他の2Dとはかなりかけ離れた、
非常に独創的で、STGの可能性を感じさせてくれる一作です。

まず、ステージには縦横5x5画面分くらいのフィールドが存在し、
自機の子はその空間の中をスクロールして自由に移動できるようになってます。
これのおかげでまず他のSTGとは自由度が断然違う。
普通のSTGだと避ける隙間がないほど密集した弾幕も、
この広い空間を使って下がるなり回りこむなりして避けることができます。
むしろ従来の縦STGが如何に狭かったかを思い知らされた感じです。

そして、この広い空間でSTGするために必要なのが向き変更のシステム。
ボタン1つで左右振り向きをフリー/固定の切り替えができるのですが、
これが実にいい仕事。操作としては非常に簡潔だし、
切り替え時に自キャラの横にカーソルが表示されるので判り易い。

恐らく他の選択肢として「後方ショットボタンを設ける」とか、
「360度回転可能」とか選択肢はあったはずですし、
何も考えずに作ったら「最後に方向キーを押した方を常に向く」
となっていたでしょうが、
よくぞこのシステムを搭載してくれたと感心しました。

他にも、画面下部には全体マップがあり、敵や弾もそこに表示されるので、
迷子になる心配もなく、
サブウェポン的な能力で高速移動もできる、と、
この広いフィールドに対する配慮が並じゃないです。

これらのシステムがあるからこそ、
スクロールという余計な要素を突っ込んだだけのゲーム、
ではなく「ハイフィールドシューティング」という
自由を感じられるゲームに仕上がったんだと思いました。

そして、ただ広いだけじゃなく、その広さがあるからこそ、
という敵の攻撃展開もきっちりしています。
でっかいボスとか。体当たりしかけてくるボスとか。
フィールド全体使ってようやく避けきれるスゴイ弾幕とか。
最後のボス戦は燃えますよ。本気で。

さらにゲームのイメージ統制もすごい。
ちょっとふろーずんおーぶさんのHPに行って見てくれば
一目瞭然でわかると思いますが、
曲、背景、エフェクト、ステージ間の演出、
これらすべてがとてもファンタジックで美しい。
なんかゲームにゆったり浸っていられる、という感じでした。

まーそんな感じで、非常に満足&勉強になったゲームでした。
もし同人でこれから動的ゲームを作ろうって人ガいたら、
ディアドラエンプティは一度遊んでおいて損はないと思います。
同人だからこそというのはありますが、
ゲームという物がどんなに自由なのかを、
このゲームは教えてくれると思います。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/153-7933c35b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大雪戦

Author:大雪戦
大雪戦の開発日誌らしきもの。

バグ報告、質問、要望、ゲーム感想など、
コメントに残していただければ幸いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧人数(8/27~)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。