Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/157-5f84c272

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東方紅魔迷宮

さて、本日はBanshee SOFTWAREさんの
東方紅魔迷宮を。

こちら、上から見下ろし型のアクションパズル、東方二次創作です。
1面あたり1画面で構成されており、
ステージ内にある「点」と「P」を全て取ってから
ゴールに入ればクリアとなります。
ディスクシステム世代の方はエ●ガーランドと言えば通じますかね。
敵も何種類か存在しますが、パズル側にかなり性質が依っており、
プレイヤーキャラと接触するとその場で固定障害物になる敵、
ステージ上の点とPが全て回収されると初めて動き出す敵、
自身は動かず、1方向にのみ、弾を発射する敵、
…と、そんな感じの者達です。

パズルゲーの割に覚える事は結構多いのですが、
チュートリアルが親切かつ、ステージが良く考えられているため、
そこは問題ありません。
あとまあ、エ●ガーランドを知っていれば「ああアレね」
で済むモノも多いですし。

で、そのチュートリアルもそうなんですが、このゲーム、
ゲーム全体を通してすごく遊びやすいです。
ステージセレクトの画面構成とか、
幕間やカーソルを動かした時の音や動きが洗練されています。
シナリオ進行のキャラ絵の見せ方や吹き出しも独創的で面白いですし。
Banshee SOFTWAREさんはこれが1作目だったと思うんですが、
……プロの方、混じってますよね?
いくらなんでもここまでの気配りは、
初めてゲーム作る人には無理だと思う。それくらいスゴイ。

で、特に感心させられたのがステージ構成。
パズルの面として「美しい」面の多いこと。
苦労した面はクリアできた時になるほど!と感心してしまうし、
結構な数のステージがあるのに「またこれかよ」と思う事が皆無です。
ただまあそれは裏を返せば、ほとんどの面が一筋縄では行かない、
ってことでもあるのですが。
練習ステージ以外は、予備知識なしでノーミス突破はまず無理。
個人的にパズルは結構得意なジャンルだったんですが、それでもムズイ、
かみごたえ抜群です。

そしてもう一つ特筆ポイント。
ステージエディット機能がついてるのですが、
エディットしたステージデータは、セーブすると単なるテキストデータになります。
だから他の人に自分の作ったステージを渡したいと思ったら、


[data]
#version 01000000
#mapname 萃香の壁
#creator 宗

[map]
HFicicicicicicicicicHF
RdRdRdRdRdRdRdRdRdRdRd
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicicicicicicic
icicicicicTKicicicicic
icicicicicicicicicicPn
NO000NO000NO000

[log]
SN172L8N92R13U31R17N79R9N44R64U14R3D17N32U5L24N83L18N16U28N5
U33N47U52N3R11N10R42N23U37N112L39N4U37N5D22N24R12N12R73N32D6
N27R21N53R23N11D4N15L13N13L2N19L67N10L12N11U27N15U67N28R19N1
12L11N73R17N32U5N65R55N4D19N109L9

[end]

上記をコピペしてもらうだけでOKな訳です。
(注:宗は最後までクリアできてないですし、
 他の方のステージを遊んでみたりもしてないので、
 内容が被ってたりした場合はご容赦下さい;)
ちらっと検索かけて見たのですが、2chの該当スレでは
結構な数のステージデータがやり取りされておりました。

そんな訳ですから、この東方紅魔迷宮に関して、
食い足りないという事は絶対にないと思われます。
俺様パズルにはちょっとうるさいよ、という人なんかには
是非遊んでみてほしい一作でした。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/157-5f84c272

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大雪戦

Author:大雪戦
大雪戦の開発日誌らしきもの。

バグ報告、質問、要望、ゲーム感想など、
コメントに残していただければ幸いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧人数(8/27~)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。