Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/96-e1d5383d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

冬コミ戦利品研究のコーナーその12

最後にOHBA堂さんから
鉄球アクションシューティングゲーム
あけぶれを。

OHBA堂さん久しぶりの新作というだけあって、
非常に気合入ってます。
プロモからゲーム開始までも非常に丁寧な作りで、
こっちの気分を盛り上げてくれます。

鉄球を除けば、弾幕より敵の動きで魅せる、
グラディウスやR-TYPE系のシューティングなのですが・・・
斬っても切り離せないこのゲームの中核にあるのが「鉄球」。
自キャラは弾消し機能を持ったこの鉄球を
振り回したり、前に構えて盾兼近接攻撃として使うことができる訳です。
さらにこの鉄球、使用中にタイミングよくショットボタンを押すことで
一回りでかくなり、さらに、さらに…と4段階まで拡大可能。
一番でかい鉄球なんて画面の1/4くらいあります。
それをぐるんぐるん振り回す訳ですから、攻撃的な爽快感はとてつもないです。
ただし、鉄球を振り回すためには自機をぐりぐり回さないといけないため、
回避と両立させるのはなかなか難しいです。
この辺りはプレイヤーの判断を要求する駆け引きですね。

(とはいえ、自キャラの当たり判定がSTGにしては結構大きいので、
弾幕シューでつちかった回避力はあまり役に立たないかも。
なのでプレイヤーの上達とともに鉄球に頼る割合が増えていくと思われます。
この辺に制作側の意図を感じたりする訳ですが…どうですかねぇ。)

標準的なSTGが備えている要素をすべて備えている上に、
「後ろ向きショット」と「鉄球」の操作が加わっているため、
ちょっと操作が複雑で、
やりたいことを思い通りにやれるようになるまで、
結構時間かかりました。

が、その「自分の腕が上達していく実感」ってやつが
実に気分が良い訳でw
特にやり込む派の人にとって、非常に良作かと思われます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://daisessen.blog52.fc2.com/tb.php/96-e1d5383d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大雪戦

Author:大雪戦
大雪戦の開発日誌らしきもの。

バグ報告、質問、要望、ゲーム感想など、
コメントに残していただければ幸いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧人数(8/27~)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。